HOME > 技術・製品
ダイワの製品

PCaの特徴[PCa=あらかじめ工場生産(プレキャスト)]

(1) 豊かな形状 彫りの深い造型や複雑な形状が可能
(2) 多様な仕上げ 素地仕上げ・塗装仕上げ・タイル・石・金属パネルなどの打ち込み仕上げ
(3) 高品質 工場生産により、均一で精度の高い部材
(4) 工期短縮 型枠・配筋・コンクリート打設・足場などの仮設工事低減
(5) 地球環境保護 在来工法で必要な合板型枠が減少し、建設廃棄物の発生が抑制できる
(PCa製品の生産においては、鋼製型枠を転用し、再利用)

(1) PCaカーテンウォール(プレキャストコンクリートカーテンウォール) >>写真

建物の主たる外周壁を構成するコンクリート製の非耐力壁のことであり、デザイン的にも外装シェルターとして
性能的にも重要な役割をもつものです。

(2) 薄肉PCa型枠工法(PCF工法:Precast Concrete Form) >>写真

型枠兼用の薄肉半製品を現場で組み立てて、現場で配筋と接合部等の打設を行います。

(3) SFRC(ステンレス繊維補強コンクリート) >>カタログ(PDF)

材料にステンレス繊維を混入した曲げ強度の高いコンクリートを用いるため、部材を薄肉化して軽量化できます。

(4) 柱梁PCa部材 >>写真

鉄筋コンクリートの架構をプレキャスト化し、建設現場で組み立てて建物にします。

(5) プレキャスト鉄筋コンクリート部材 >>写真

鉄筋コンクリート建物を構成する部材で、(4)の柱・梁以外に 壁、床、段床、廊下、バルコニー、階段、屋根、
パラペット等があります。

(6) 自己圧着PCaブレース(RB工法:Relocatable Brace) >>カタログ(PDF)

プレストレスの解放によってブレース材を既存骨組に圧着する耐震補強工法。建物の使い勝手により、移設が可能です。

ページ先頭へ