HOME > 技術・製品
ダイワの技術
 

技術開発

▼バルコニー・壁一体化型PCaパネル
      ビルの超高層化にともない、安全性の確保がこれまで以上に重要になってきました。
      特に、万が一の火災発生に備え 2方向の通路確保が構造上の必要条件になっています。
      ダイワでは「バルコニーの床・手すり・部屋の窓壁を一体成型」したPCaパネルを開発(‘75.08)。
      安全性の向上とともに、工期の短縮、メンテナンスの減少に効果を上げました。

参考図面(新神戸オリエンタルホテル)
<拡大>
参考図面(阪急グランドビル)
<拡大>

▼完全乾式(フルドライ)等圧工法
      フルドライ等圧工法は、 PCaパネルの取り付けと同時にレインバリアが完成する工法で、雨や風に
      影響されない快適な作業環境を工事の早い段階で作り上げます。ダイワが初めて実用化。
      すでに多数の建築現場で、完成度の高さが実証されています。

完全乾式等圧工法図面
<拡大>

▼集合住宅の高層化に適応できる、ラーメンプレキャスト構造形式に 必須の高強度コンクリートを実用化しています。

設計提案

▼ 設計者の意図するデザインを忠実に再現しながら、 短工期・高品質を実現します。

▼ 現場打ちでは、実現困難な性能をPCaが保有する利点を生かし多様なニーズにお応えして提案します。

▼ 設計部門と生産部門の連携による少量多品種にも対応できる体制をとっております。

写真(大同生命大阪本社ビル)
<拡大>

工場の強化

▼ 20Tクレーンを擁する生産性を最大限考慮した第5工場を新設しました。

▼ 高性能コンクリートミキサーを2台備えた最新鋭バッチャープラントを設置しました。

>>工場設備

ページ先頭へ